blog

TOP » ブログ » ユウスケの部屋。(第6回目 アンティークウォッチ)

ユウスケの部屋。(第6回目 アンティークウォッチ)

もう完全に僕の好きなモノ発表会と化しているこの部屋。

会社のブログなのに

本当にコレで良いのかはさておき・・・

本日も僕の大好きなモノ!

イッてみましょう!!

本日はアンティークウォッチ。

最初のきっかけはかれこれ10年ほど前、

20歳も過ぎたし

腕時計の1本でも欲しいなと思ったのが始まり。

ただ、まだ社会人として働きに出る前で

大したお金はない。。。

けれど、

父親が長年オメガを愛用しているのを見ていて

Ωマークに強い憧れを抱いていたので、

生意気にも父親と同じオメガの腕時計が欲しい。。。

 

どうしたモノかと悩んでいたら、

どこで見付けたか家の近所の川崎に

前回の部屋でも登場したスイートロードなるお店があるではないですか!?

更にどこで覚えたか、

アンティークウォッチは手頃な値段で買えるモノ。

と認識していたので早速川崎へ。

 

初めて入ったスイートロード、

壁一面に腕時計がズラ~ッと並んでいて

もうそれは圧巻の一言!!

あるわあるわのアンティークウォッチ達。

一体どういったモノが良いのか

全く知識がない僕は、

ただただ呆然と眺めるばかり。。。

 

そこに、手頃な値段で

とてもシンプルなオメガを見付けました。

11.6.2.2.JPG

シーマスターと呼ばれるモデルで、

曜日と日付のあるタイプ。

お値段にして、5万円位でしたかね?

まだまだ腕時計なんか

ろくに付けたことのない男。

時間は携帯で確認出来るし、

本当に必要なのかと問いかける事

数十分・・・

意を決し、購入する事に。

 

もちろん最初は違和感の日々でした。

なによりも時計を見る時の仕草が

コッパズカシイやらケッタイやらで。。。

ッも、毎日付けていると徐々に欠かせない存在になり、

付けていないと左手が落ち着かない。

挙げ句の果てには、

付け忘れた時でも左手を見てしまう・・・

ッと云った事もしばしば。。。

 

そんなこんなで、

腕時計が欠かせない日々を3年間続けました。

 

そうして迎えた腕時計4年目の春、

家具職人養成所(通称 職訓)に通う事になり

全く付けなくなっていた僕に、

社会人1年生のあの娘が、

社会人だし腕時計の一つでも・・・

ッとやはり思ったらしく、

「あなたのオメガ、

 あまり付けていないのなら就職のお祝いに下さらない?」

ッと言われ、

就職のお祝いと云う事なら喜んで!と、

譲ったのでした。

 

それから数年間は

腕時計のない生活を続けていました。

ッと、そんなある日!!

 

・・・・・ッて、

ちっと長くなってきてしまったし

まだ結構かかりそうなので、

次回に続く。。。


まずは理想の特注家具についてご要望をお聞かせください

収納家具・食器棚・テレビ台など、まずはお客様のイメージされる特注家具のサイズや色、デザインなどを詳しく教えてください。
フォームから依頼する
弊社担当者より、お見積内容についてご連絡させていただき、理想の家具づくりをお手伝いさせていただきます。
FAXで依頼する
 
(C) Nisshin Soubi All rights reserved.